沖縄のマンション・不動産購入ならエールクリエイト

マンション経営をお考えの方へ

確かな資産運用。住むためだけのマンションから貸せるマンション経営へ

確かな資産運用。住むためだけのマンションから貸せるマンション経営へ

年金対策や資産運用への関心が高まるなか、いま注目を集めているのが不動産投資。特に、投資用マンションに強い関心が寄せられています。マンションを購入し、ご自身が住むのではなく、そのマンションを賃貸として他人に貸すことにより、家賃収入を得ていくことをマンション投資、またはマンション経営と呼んでいます。

「独身の時に購入したけど、結婚したらどうしよう」 「セカンドライフは都心で運用していたマンションに住みたい」 「これまで貸してきたマンション、これからもずっと貸し続けていきたい」

時間の経過とともに、結婚や家族構成の変化など、ライフスタイルは変わっていきます。

「せっかく購入したのに、どうしよう…」

そこでおススメするのが、“賃貸として他人に貸す”という方法。みなさまのライフスタイルに柔軟に対応できるマンションこそ、価値あるマンションです。

マンション経営にはさまざまなメリットがあります

マンション経営にはさまざまなメリットがあります

マンション経営は、有効な「私的年金」万が一の「生命保険」代わり

ローンの月々の支払いは家賃収入でまかなえ、ローンが終わる頃にはそのまま年金代わりに。住宅ローンには生命保険が組み込まれているので、万が一の時も安心です。

マンション経営は、とても優れた「税金対策」

せっかく稼いだ給料から容赦なく引かれる多額の税金。マンション経営を事業として確定申告すればサラリーマンの方でも大きな節税効果があり、相続税対策として絶大な効果を発揮します。

マンション経営は、分散投資に適した有効な「金融商品」

債権や株と同じようにマンション経営も資産運用の一つ。物価価格が下がっていても、家賃相場は変わらず安定的。超低金利時代におけるもっとも有効な資産運用術です。

マンション経営のメリットをもっと詳しく知りたい方は、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

マンション経営Q&A

Q1. マンション経営を私的年金確保のために始められる人が多いって本当ですか?

A1. 本当です。家賃収入が将来にわたって安定した私的年金となります。 マンション経営の魅力は、長期にわたって安定した家賃収入が見込まれることです。定年退職までにローンを完済しておけば、家賃収入がそのまま私的年金となり、将来の豊かな生活を保証してくれます。

Q2. マンション経営が生命保険の代わりになるって本当ですか?

A2. 本当です。ローンに組み込まれている団体信用生命保険によって、万が一の時も安心です。 ローンを組んでマンション経営を始めると、オーナー様は団体信用生命保険に加入することになります。これにより、万が一、オーナー様が不幸にも死亡された場合、ローンの残債務はこの保険から支払われます。また、残された遺族はマンションを無借金で相続でき、それ以降も安定した家賃収入を得ることができます。

Q3. サラリーマンもマンション経営で節税できるのですか?

A3. 可能です。サラリーマンの方でも「損益通算」により、所得税・住民税が軽減できます。 マンション経営を行う場合は、ローン金利(建物部分)や建物設備の減価償却費や管理費などが必要経費として認められます。これが不動産所得(家賃収入)を上回る場合、「損益通算」することで課税所得が下がり、所得税や住民税が軽減されるのです。ガラス張り税制の給与所得者にとっては、うれしい節税効果といえるでしょう。

Q4. 長期ローンを組んで、ずっと支払うのってかなり難しいんじゃないですか?

A4. 大丈夫です。家賃収入や節税分などを、繰り上げ返済に回し、早く無借金にされる方が大半です。 ほとんどの方は、家賃収入や節税分を家計とは別の口座で作られています。ある程度の金額が貯まれば適時、繰り上げ返済で元本を減らします。 定年までに無借金にされ、定年後は家賃収入を安定した収入源にされている方が大半です。

Q5. 不動産資産の方が相続する場合に有利って本当ですか?

A5. 本当です。債券や現金などの金融資産に比べ、マンションなどの不動産資産は相続に有利です。 現金をはじめとする金融資産の場合、相続税の対象となる相続評価額は、100%が対象となります。それに比べ、不動産資産の場合は、税法の規定に基づき課税されるので、現金の約4割で済みます。

その他、ご不明な点などございましたら、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

X 閉じる